ヘルニアと上手に付き合って行く方法

椎間板ヘルニアと日々のつぶやき

転院した場合の傷病手当金の申請方法

怪我や病気で入院される方には心強い「傷病手当金」

社会保険に加入していて条件を満たせば誰しもがもらえるお金です。もちろん私も申請をして頂くことができたのですが、転院した私は申請が通るまでがかなり面倒でした。
ヘルニアで今後申請を考えている方に向けて注意点をお教えします!

 傷病手当金を受給できる条件とは?

1・健康保険の被保険者である事

勤務している会社で健康保険に加入している事。国民健康保険や扶養に入っている方は対象外になります。

2・病気、怪我で仕事に行けない状態である事

業務以外の怪我や病気で仕事にいけない状態であること。入院でなく自宅療養していても支給されます。私のヘルニアはデスクワークで発症したと思いますが、ヘルニアが労災になることは特別な場合を除きほとんど無いようです。ヘルニアを労災にしていたら正直デスクワークの仕事は世の中から消えるかもw

3・連続で3日休み4日以上仕事に就くことができない場合

医者から「就労不能である」と診断を受け、連続して3日以上休んだ場合に支給されます。この連続して3日というのは待機期間で、支給対象になるのは4日目からの計算になるようです。

4・休業した期間、給与が出ていない事

会社を休んでいる期間の給与が支給されていない事

 

 まずは申請用紙を入手!

傷病手当金の申請には申請書類が必要になります。申請書類は全国健康保険協会のサイトからダウンロードして入手することができます。
書き損じなどの事も考えて複数枚、余裕を持ってコピーしておきましょう。会社と病院と自分(本人)が書く書類です。私の場合は転院したので病院に書いてもらう書類は2枚になりました。

 ヘルニアって怪我なの?病気なの?

自分で書く書類に休んだ理由が怪我なのか病気なのか?を書く欄があります。

f:id:garamumasala1217:20180908214639j:image

ヘルニアは怪我ではなく「病気」になります!間違えて怪我に◯をしてしまうと訂正になりますので、気をつけて下さいね!

 

私の場合は転院したので、担当医が記入する書類が2通必要になりました。就労不能であるという診断をA病院とB病院の主治医に記入してもらうのです。
会社を休んだのが1月29日から3月31日までです。最初のA病院に行ったのは1月29日で、1月は29日から30日まで有給を使いました。

 

たった1日の自宅療養が・・・

2月の14日でリハビリを最後にA病院からB病院に転院します。転院先のB病院に行ったのが2月16日。この間15日は病院に行かず、自宅で安静にしていました。
ですが、このたった1日の自宅療養が申請時にとんでもなく面倒な事になったのです。

 

最初に行ったA病院は就労不能と診断する期間が1月29日(初診日)から2月14日(リハビリ最終日)までで、転院したB病院では就労不能と診断する期間は2月16日(B病院初診日)から3月28日(退院日)まで

 

この場合だと2月15日の自宅療養していた1日だけが就労不能であったという証明が難しくなるのです。

 

こんな状態で仕事に行けるわけないだろっ!とは思うのですが、就労不能状態という事を証明してもらわないといけないわけで、A病院では初診日からリハビリ最終日までしか証明できないと言われました。

 

B病院で事情を説明し、「15日は就労不能であった」の一筆を医者から書いてもらいましたが医師に事情を説明するのもめちゃめちゃ大変で、医師は虚偽の報告はできないからと最初は記入を嫌がっていましたが、健康保険協会に電話し相談した上ということを説明したら記入してもらえました。病院も遠いため何回も書き直しや不備のため通うのもなかなかのストレスでしたwww

 

転院は1日たりとも間を置かないのが得策

結論としては転院するなら1日も開けずに直ぐ病院に行く事。もし、間を開けたなら医師に就労不能であったという一筆を書いてもらって下さい。
私は運良く一筆をもらえましたが、間を開ければ開けるほど難しくなるのは容易に想像ができるのでやはり転院の際は1日も間を空けないのが無難だと言えそうです。