ヘルニアと上手に付き合って行く方法

椎間板ヘルニアと日々のつぶやき

ヘルがニア 2017年7月わたしのヘルニアは左側から

時系列でお話しすると私のヘルニアは小さな痛みからはじまって、入院から退院するまで丸々1年経っていますが痛みが完全になくなっているわけではありません。


ただ、入院して正しいケアを続けていくうちに1年前よりははるかに良くはなっています。発病時が最大10の痛みとすれば、今は0.7~0.2ぐらいの間をウロウロしている感じです。


たまに、全く痛みを感じない時もあります。座った時と立った時で痛みもかなり違います。

 

発症した時はただただ辛くて、不安で

このまま歩けなくなったらどうしようと割と本気でしくしく泣いていました。

(入院中は同じヘルニアの人と励まし合いました。)

 

ヘルニアは年配の方がかかる病気で私がヘルニアになる訳がない。これはぎっくり腰からくる坐骨神経痛だと信じて疑っていなかったので私がやっていたケアはもしかしたら半分以上間違っていたのかもしれません。


最初の痛みは2017年7月ぐらいです。

 

以前からパソコンで仕事をしている姿が同僚から「姿勢悪いね~笑」といわれていました。肩こりも酷かったし、左の肩甲骨がずっと痛かったのを覚えています。そんな中、軽いぎっくり腰になり今回のは軽いけど長引くなぁぐらいの感じでした。

 

日頃の姿勢の悪さや運動不足だからかな?(のちのちわかりますが理由の一つみたいです。)

 

ぎっくり腰の痛みも徐々に減ってはいましたが残っている痛みの箇所がいつもと微妙に違うなーとも思っていました。ぎっくりをやっていつも痛いのは腰の奥の方でしたが、その時は左側のお尻のほっぺたの少し下の奥の奥といえば良いでしょうか?椅子に座って仕事しているのが不快というか、なんだか調子がよくない。

 

痛みの種類も何かちょっと違う、なんと表現していいのかわからないけど

ぎっくりがズキーンという痛みなら

今のこの痛みはジリジリした痛みというかなんというか、、、。

 

よくわからない方すみません。

でも、痛みのレベルを数値化するのと、どんな痛みなのかを書き記しておくことは、今後ヘルニアと付き合って行く上でかなり重要で有効な判断基準になります


整骨院も何箇所か通いました。腕がいいと評判が良いところや最新の医療機器がある整骨院など転々としました。


その頃は、違和感と痛み(この頃の痛みは恐らく0.5~1ぐらいでしょうか)は整骨院に行けばなんとなく調子が戻ったと感じていて一週間のうち1回ぐらいしか通っていませんでした。恐らくデスクワークの方々が「疲れたからマッサージ行こうかな~」ぐらいの感覚だと思います。

 

1日仕事を終えるとお尻の奥が痛く、腰もだるい。でも一晩寝れば翌日はなんとなく大丈夫、痛みや疲れが重い時は整骨院に行くことを2ヶ月半ほど繰り返す日々

 

その時も仕事でストレスを感じていた時だったので周りからは「頑張りすぎじゃない?」とかからかわれていました。

 

最初は、れ会社近くの整骨院に通いました。

 

マッサージを受けるとすっきりはした気はするけど、痛みがなくなるかといえばそうでもない、、、。

でも、会社から近いしとりあえず通ってみるかと何回か通いました

 

【まとめ】

*最初の痛みは0.5〜1(2、3ヶ月間)

*左側のお尻のほっぺたの下側の奥

*自分の痛みを数値化する痛みの種類も記録しておく